NISHIGUCHI KUTSUSHITAは1950年から靴下づくりをつづける、日本のファクトリー生まれの靴下ブランドです。

履く人のことを真面目に考えてつくること。
「はくひとおもい」という言葉に込めた想いが、私たち靴下づくりの原点です。
良質な天然素材、新旧マシンを生かした編み方、時代にとらわれないデザイン、そして価格。
一つ一つのこだわりは、すべて履く人のためを追求した答えです。トレンドだけを追い求めるのではなく、長く愛用できる定番をつくり続けます。

靴下の形は角度を変えて見てみると、ハートの形によく似ています。「ソックハート」と名付けられた不思議な形の靴下のマークは、
靴下づくりに関わる私たちひとりひとりの「はくひとおもい」を表現した
NISHIGUCHI KUTSUSHITAのシンボルです。